ありがとうございます!アイブレイン株式会社の会社ホームページにようこそお越しくださいました。当社代表の渡邊と申します。おかげさまで大好評の「CAPプラス」はブログ収入を得る仕組み作りの協業サポートサービスです。ぜひ詳細をご覧いただけますと嬉しいです。

CAPプラスの詳細はこちらから

【ともちゃん第3回】そして、インターネット上で私は社長とキャサリンと出会った!

SponsordLink

人には人生で転機となる時期があるように思います。

その時期は人によって異なりますし、きっかけも様々ですよね。

「私はこう生きたい!」と思って、一歩進むことを初めても、うまくいかない壁に突き当たることもしばしばです。

私も何度も壁にぶつかりました。

では、「私がどのようにその壁を乗り越えてきたのか?」今回はそのあたりのことに触れていきます。

あなたのヒントとなれば嬉しいです。

 

前回までのお話

前回の記事では以下のことについて紹介しました。

  • ネット依存していた私に転機が訪れたこと
  • その転機が東日本大震災であること
  • きっかけは旧友の運営していたブログであること
  • 旧友の対応で、インターネットのあるべき使い方に気付き始めたこと

 

情報発信を初めてみたけど、思い通りにいかないのはなぜ?

私は少しずつ、学習と実践を重ねて、インターネット上で文章を書くことを始めました。

とは言っても、私にとっては全てが初めてのことばかりで、わからないことだらけです。

 

それはそうですよね?

会計のこと、家事以外のことはしてこなかったのですから、当然といえば当然です。

 

文章を書いた記憶は、嫌いだった読書感想文くらいしかありませんから、そんな私がすぐに結果を出せるはずがないのです。

 

インターネットビジネスでは、あっという間に結果を出す人と、何年たっても結果が出ない人っていますよね?

 

あなたも、

「なぜ、私は結果が出ないのだろう???」

と悩んだ経験はないでしょうか?

 

自分が何年も結果を出せずにいると、

「私は向いていないのだろうか?」

「あの人と私は何が違うのだろう?」

「このノウハウはダメだから、あっちのノウハウを勉強してみよう」

と思うことってあると思うのです。

 

この気持ちは私も同じだったので、よくわかりますよ。

 

でも、ここでちょっとだけ考えてみていただきたいのですが、

それは、スタートするときは一緒でも、人は持って生まれた性質も異なれば、それまでに積んできた経験や知識も異なり、

  • パソコンの知識がある人
  • 人と話すのが好きな人
  • 文章を書くことが好きな人
  • 写真を撮ることが得意な人etc

みんなそれぞれに、得意分野、苦手分野が異なるんですよね。

 

それと、占いでもそうですが、人によって運気のリズムも異なりませんか?

みんな一緒に運気が開花する!ということはありません。

耐えて、努力する時期の人もいれば、開花する時期の人もいるのです。

 

ですから、人と比較するのは本当に無意味なことなのです。

 

でも、私達は常に人と比較をしがちです。

この人と比較したくなる気持ちは、今まで横並びの教育を受けてきたからなんですね?

長年このような教育を受けてきたから自然とそうなってしまうのでしょう。

横並びは学校だけでもう十分です。

今は派手にはみ出していい!

人と違うことがあなたらしさと気付いて欲しいと私は思っています。

 

人と比較してしまう気持ちが出てしまうときは、

「みんな違う種を持って生まれてきている。咲く花も咲く時期も違うのが普通」

ということを思い出してみてください。

 

立派な花を咲かせるために、昨日の自分よりも1%でも成長するように水を与え続けることの方が大切です。

全くの初心者なら「石の上にも3年」、そのくらいの覚悟も必要となるときもあります。

私も自分の方向性を決めるのに迷いに迷う期間が1年以上ありましたし、学習に費やした時間も1年以上はありましたし、本当に体育会系とは思えないほどののろまなスピード感でした。

 

そして、やっと手探りで実践し始めたのが2014年なのですから、本当に遅いです(笑)

 

一つずつ、ブログやSNSにヨチヨチ歩きで慣れていった感じなのですが、そんなヨチヨチ歩きの状態の2015年の初めの頃に、私はインターネット上で社長とキャサリンに出会いました。

 

「え?どんな出会いだったの???」

と興味を持たれた方も多いですよね?

 

でもですね、残念ながら、強烈な印象はなかったんですよ・・・。

これは、決して悪い意味ではなく、あまりにも自然すぎたからなのです。

 

なんといいますか、

「あ、久しぶり!」

とこんな感覚だったんですよね。

 

今この記事を書いている時点で出会ってから4年目に入りますが、インターネット上でずっと繋がりを持ち続けて(持ち続けようと意識したわけでもなく)、加えて、こうして一緒にお仕事もさせていただいていて(気づけばそうなっていて)、状況だけを見ればより関係は深くなっています。

 

ただ、気持ち的には今も昔もなんの変化もなく、ずーっとそのまま。

 

こんな出会いが可能となるのがインターネットなんですね。

 

地理的な環境で言えば福岡と仙台ですし、私は引きこもりの「オタク状態」だったわけですから、リアルで出会うことはほぼ可能性はなかったと言えます。

 

インターネットがあったから知り合えた、これは絶対的な事実ですね。

 

まだまだ、インターネットでの出会いに怖さを感じる方もいらっしゃるとは思いますが、このような出会いもあることを感じていただけたら嬉しいです。

 

こればかりは飛び込むからこそ得られるものかもしれません。

 

そればかりではありませんよ。

インターネットに長けている2人の傍に居させていただいたことで、私のインターネット上の知識やスキルも劇的に向上しました。

 

私の亀の歩みの3〜4年をなんだったの???

と、この数年を呪いたくなるのですが(笑)、直接学ぶといいうのは結果に大きく関わってくるということです。

 

インターネットが普及したことで、オンライン講座を利用できたりするなど便利になりました。ですが、もっと成果を上げたいのであれば、寺子屋的な環境もセットで組み込むことが望ましい、と私は感じています。

 

同じ方向を向いて、共に歩むことで、

  • 覚えることが楽しい!
  • 自分の世界が広がるのも楽しい!
  • 一緒に成長することが楽しい!

私はこのように感じるようになっていきました。

 

物理的な距離にとらわれてしまうと「限界」が見えてしまいますが、インターネットという手段を取り入れると出会いの場も広がるし、自分の成長もできる「可能性」が広がるのです。

 

少しでもあなたに届いたら嬉しく思います。

SponsordLink

error: Content is protected !!